• 葬儀を営む際に慌てないための二つのポイント

    参列する機会は多くても、家族として営む経験が少ないのが葬儀です。


    しかも事前に準備する事も少なく、いざ葬儀を営むとなると慌てふためくのが普通です。
    突然やって来るこうした経験に際して、少しでも慌てないために、2つのポイントを押さえて置けば、安心です。
    その第一が家族や親族が亡くなられた場合、葬儀社をどこにお願いし、式をどこで執り行うか、またどんな規模で執り行うかと言う事です。
    最近では家族葬と言う選択肢もあり、超高齢の方が居られるなら、ご本人が元気な内に、家族でそれとはなしにイメージを合わせておくのが良いでしょう。

    縁起でもないと言う感情が働き、中々こうした話題は取り上げにくいものですが、それ故に元気な時にそれとなしに話し合っておく方が良いのです。

    この段取りの第一歩を決めれば、後は費用に大きく影響する祭壇の選定などを自分たちの意志をしっかり伝えて行けば、後は担当の方が上手に誘導してくれますので、心配するほどの事もなく何とかなるものです。

    葬儀の最新情報を見つけよう。

    もう1つは、お寺さんへのお願いです。
    故人がお寺さんの檀家であったり、仏壇があり月命日に供養をお願いしているお寺さんがあれば、そのお寺さんに親族の方が出向いて丁重にお願いすれば良いでしょう。



    お布施などの費用は、通夜や葬儀一式の費用とは当然別ですが、お布施の相場などは担当の方に相談して教えてもらえば良いでしょう。この二つをスムーズに決める事ができれば、細かい事を逐次決めると言う大変さはありますが、担当の方に相談しつつ進めれば何とか無事に営む事ができるものです。



  • 大事な葬儀の事

    • 葬儀はうまくやらないと、あっという間に何十万円も費用がかかってしまいます。本来ならば使わなくても良かった100万円を損してしまうケースも珍しくありません。...

  • 葬儀をよく学ぶ

    • 葬儀が終わったら、喪主の方はなるべく早く世話役から事務を引き継がなくてはなりません。できれば、精進落としの前に引継ぎを行い、世話役にもゆっくり過ごしてもらいましょう。...

  • 葬儀の驚く情報

    • 葬儀は誰かが亡くなった時、その個人を弔うために行われる儀式です。これは日本のみならず世界中で見られる文化なのですが、しかしそのルーツははっきりとはしていません。...

  • 葬儀の基礎知識

    • 葬儀社には、大きく分けて以下の3つがあります。専門、互助会、生協やJAなどの組合員が始めたもの、です。...