• 葬儀後に行うこととは

    葬儀が終わったら、喪主の方はなるべく早く世話役から事務を引き継がなくてはなりません。できれば、精進落としの前に引継ぎを行い、世話役にもゆっくり過ごしてもらいましょう。
    引き継ぐのは、芳名帳や香典、香典帳、供物や供物帳、弔辞や弔電です。

    請求書や領収書、納品書などの書類と残金なども受け取ります。
    受け取る際には、あとで不要なトラブルを避けるためにも、必ず確認してからします。

    世話役が聞いた伝言なども忘れずに聞いておきましょう。

    葬儀情報ならこちらのサイトです。

    葬儀などの時は、何かと泡多々しくミスも起こしやすいので、トラブル回避のためにも引き継ぐものなどは、紙に書いておくようにすると良いです。


    これが終われば、次はあいさつ回りをします。



    葬儀でお世話になった人には、喪主が出向いてあいさつ回りしなければいけません。
    あまり日が経たないうちにすませるのが礼儀です。


    遅くても初七日までには終わらせておくようにしましょう。

    あいさつに出向く前には、お礼の品を持参する必要はありません。
    葬儀が無事に終えられたことに対する感謝の気持ちなどを手短に伝えます。
    故人の勤め先などに出かけるときは、事前に連絡をしてからにしましょう。
    その際、ロッカーなどに残っている故人私物は引き取ります。



    挨拶回りは喪服か地味な服装で行きましょう。
    目上のところへは、喪服で訪問するのが無難です。

    このように、葬儀が終わっても喪主は各種手続きや挨拶回りなどがあるので、手際良くスムーズに進めるようにしましょう。