• 葬儀に対する捉え方の変化

    葬儀は誰かが亡くなった時、その個人を弔うために行われる儀式です。


    これは日本のみならず世界中で見られる文化なのですが、しかしそのルーツははっきりとはしていません。

    葬儀についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

    ただ日本国内で言えば古事記にはすでにそうした儀式が行われていたという記述が存在していますから、歴史的に見ても大変に古い文化であると言えます。

    ですが葬儀という文化自体は連綿と続くものであっても、それに対する捉え方は時代によって変わるものでもありました。



    例えばかつて、それこそ古事記の時代には「人の魂は鳥となって彼岸に渡る」というような概念がありましたが、それから暫く経って平安時代などになると仏教の流入によって極楽浄土などの思想が見られるようになっています。


    さらにその後には豪勢な葬儀を執り行ってこそ故人は胸を張って極楽浄土にいけるというような華美なものを好む風潮が生まれるなどのさまざまな変化を起こし、現代に至るというようになっているのです。では現代の葬儀に対する捉え方はどのようになっているのかというと、これは人それぞれの考え方があると言えます。
    かつてから宗教の違い、考え方の違いなどからそうした「人それぞれ」の面がありましたが、しかしながら現代ほど多様化はしていませんでした。現代ではそれこそ豪華にして故人を悼みたいといったようなものからとにかく安く挙げたい、そもそも葬儀は必要ないというような考え方まであります。


    こうした考え方は科学が広まることによって宗教観念が変化したことなどが根底にあるともされていますが、今日、人が亡くなるということにはさまざまな意味が持たれるようになったのです。