• 葬儀社の種類と失敗しない選び方

    葬儀社には、大きく分けて以下の3つがあります。

    葬儀の最新情報が知りたい方にはこちらです。

    専門、互助会、生協やJAなどの組合員が始めたもの、です。



    ほとんどが専門葬儀社で、葬儀のみを専門として扱っている業者です。


    家族経営から大規模な全国経営の業者まで様々あります。


    開業には許認可が不要なので、個人経営している人もいます。

    以前までは地域密着型が多かったですが、最近では家族葬、花祭壇を作るのが得意な業者など、それぞれの特色を生かした業者が増えています。


    互助会は、組織の名前ではなく制度のことです。冠婚葬祭業を持つ企業の会員になり、積立金を払うとそこの企業が持っている式場や葬儀社を使った結婚式や葬儀を行うことが出来ます。



    式に使う会場が、立地の良い場所に建てられていることが多いのでがメリットです。デメリットとしては、解約したくても解約出来ないなどのトラブルがあることです。

    解約したい時にはちゃんと対応してくれているかどうかを確かめて、検討しましょう。


    生協やJAなどは、昔は組合員しか利用出来ませんでしたが、最近では組合員ではなくても利用できるようになっています。

    主に農村部の人たちが利用しており、地域によってサービス内容が異なります。
    組合の中で業者を招いて部門を作るなど、独特の活動がみられます。
    地域の業者と提携していることもあります。


    互助会とは違い、独自の積立システムを採用しているところもあります。
    互助会、生協やJAなどは比較出来ませんが、専門業者に依頼する場合には必ず複数社を比較検討して選ぶようにしましょう。