• 葬儀で100万円損してしまうことも

    葬儀はうまくやらないと、あっという間に何十万円も費用がかかってしまいます。


    本来ならば使わなくても良かった100万円を損してしまうケースも珍しくありません。

    葬儀について悩んでいませんか。

    損しやすいのは、適当に葬儀社を決める、全て葬儀社にお任せにする、見積もり書を取らないで口約束で契約する、ということをしてしまうタイプです。
    これはつまり、何も考えていないから起こる失敗です。



    東京都の生活文化医局の統計では、葬儀をした経験のある人の8割が納得のいく内容にならなかったという結果になっています。


    しかし、これは逆に考えれば前述の損しやすいタイプの逆の行動をとれば、節約できるということになります。

    具体的には、葬儀社を事前に複数社から比較して選ぶ、こちらの意向を業者にはっきり伝える、見積もり書をとって検討してから契約する、です。



    この3つさえ守れば、100万円節約できて、納得のいく式になりやすいです。実際に自分が喪主になってみないとわかりませんが、決めることが波のように押し寄せてきて、精神的な余裕がないのが現実です。
    とにかく時間がなくて慌ててしまいがちですが、最初の選び方を間違えてしまうと払わなくても良い費用を無駄に使ってしまう可能性もあるので、注意しましょう。
    業者は病院から紹介されたり、大々的に広告を出しているところから選ぶ人も多いですが、そこが必ずしも良い業者とは限りません。
    後悔しないためにも、ちゃんと比較検討してから決めましょう。